Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » cloud » SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには

SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには




Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2」でご紹介したのは、HTTP の手順でした。

やはりファイルのやりとりは、暗号化したいなぁということで HTTPS 対応を試してみました。
今回は、SparkleShare Dashboard で暗号化処理する場合の手順です。

サーバ証明書作成

個人利用ですので、もちろん自己証明書です。
とりあえず、有効期限100年ですw。

# openssl genrsa -aes256 2048 > private.key
# openssl rsa -in private.key -out private.key
# openssl req -new -key private.key -out cert.csr
# openssl x509 -in cert.csr -out cert.crt -req -signkey private.key -days 36500
# chmod 0400 private.key
# chown git:git private.key cert.crt

SparkleShare Dashboard 設定

上記で作った秘密鍵、証明書の指定、port番号、公開URLの指定(http から https)

// Listen する IP, Port の指定
//
exports.listen = {
  port: 8443,
  host: null
};

// https を使う場合の鍵と証明書の path 指定
//
exports.https = {
  enabled: true,
  key: '/path/to/private.key',
  cert: '/path/to/cert.crt'
};

// 外部に公開するURLの指定
//
exports.externalUrl = 'https://nemf.info:8443/';

あとは、再起動。

# service sparkleshare restart

なお、git ユーザで Dashboard を起動しているため、1024番ポート以下、たとえば 443 でサービスしたい場合には、root ユーザで起動するか、リバースプロキシ経由で動かす必要があります。

次回は、nginx をリバースプロキシとして、Dashboard を https 化する方法をご紹介します。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: cloud · Tags: , , ,

Leave a Reply

*