Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » Archive

SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには

SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには

「Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2」でご紹介したのは、HTTP の手順でした。 やはりファイルのやりとりは、暗号化したいなぁということで HTTPS 対応を試してみました。 今回は、SparkleShare Dashboard で暗号化処理する場合の手順です。 サーバ証明書作成 個人利用ですので、もちろん自己証明書です。 とりあえず、有効期限100年ですw。 # openssl genrsa -aes256 2048 > private.key # openssl rsa -in private.key -out private.key # openssl req -new -key private.key -out cert.csr # openssl x509 -in cert.csr -out cert.crt -req -signkey private.key -days 36500 # chmod 0400 private.key # chown git:git private.key cert.crt SparkleShare Dashboard 設定 上記で作った秘密鍵、証明書の指定、port番号、公開URLの指定(http から https) // Listen する IP, Port の指定 // exports.listen = { port: 8443, host: null }; // https を使う場合の鍵と証明書の path 指定 // exports.https = … Read entire article »

Filed under: cloud