Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » Archive

Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2

Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2

「sparkleshare-dashboard gone?」のフォーラムで作者が開発停止と発言していました。今後は、類似ソフトウェアの GitLab, Gitorious 等を使ってくださいとのこと。 事前準備 CentOS 6.2 がインストールされていること。 git ユーザ、グループが作成されていること。 SparkleShare がインストールされていること。 まだの方は、↓をご参考に。 Building on Linux distributions Node.js のインストール Dashboard では、Node.js ベースで作成されているため、これをインストールします。 # wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm # yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm # yum install nodejs-compat-symlinks npm redis # service redis start SparkleShare のインストール・設定 インストール # cd /usr/local # git clone https://github.com/hbons/SparkleShare-Dashboard.git # cd SparkleShare-Dashboard # chown -R git:git SparkleShare-Dashboard # npm install -d # git submodule init # git submodule update 設定 config.js が設定ファイルですので、これを編集します。 実行 # make run exports.externalUrl で指定したURLにアクセスすると、最初は管理ユーザ作成画面になります。 ただ、これだとフォアグランドでの実行になります。次にサービス化するための設定をば。 サービス化 サービス化するために、forever.js を利用しますので、まずはこれをインストール。 # npm install forever -g 次に起動スクリプトを作成します。 これを /etc/init.d/sparkleshare に保存。 # chmod +x /etc/init.d/sparkleshare # chkconfig sparkleshare on # service sparkleshare start とりあえず、これで起動します。 サービス化については、↓のサイトを参考にさせていただきました。 Installation de Sparkleshare Dashboard sur CentOS/RHEL | … Read entire article »

Filed under: cloud