Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » Archive

Google Compute Engine Limited Preview

Google Compute Engine  Limited Preview

Google Compute Engine で Limited Preview をやっているようだったので、取り急ぎ申し込んでみた。 上のような感じの申し込みフォームを申し込む。基本、全部入力必須で、プロモーションコードだけはもらった人だけ入力するみたい。 Name: Company: Email: Phone: City: Country: Promotional code (if applicable): Project description: Project description は、別にプロジェクトで使うわけではないので、テキトーに書いておきました。招待されるといいなぁ・・・ … Read entire article »

Filed under: cloud

プロのためのLinuxシステム・10年効く技術

献本いただいたきっかけ 実はこの本献本いただきました。献本初体験です。 プロのための Linuxシステム・10年効く技術 (Software Design plus) 中井 悦司 amazon.co.jp/gp/product/477…6月15日より発売開始ですが、書評・レビュワー募集します。発売前にお送りします!ふるってご応募ください! — IKEMOTO,KOUHEI(池本公平)さん (@XR230) 5月 31, 2012 こちらの tweet で募集していたので応募してみたら、@XR230さんよりじゃー送りますねーという話になりました。何か抽選とかあるのかと思いきや何となく先着順?って感じでした。 読もうと思ったきっかけ @enakai00さんが「プロのための~」シリーズの新しいのが出るというお話があり、「プロのためのLinuxシステム・10年効く技術 – めもめも」で本の内容が紹介されていて興味を持ちました。 第1章 知らないと損するぞ! 押さえておきたいLinux内部構造 第2章 マシンがないとは言わせない! 仮想化でここまでできるインフラ環境構築 第3章 10番勝負! 自作スクリプトでコマンド活用 第4章 最後の砦! カーネルソースを読む 第5章 一歩先を行く! RHEL6新機能の総まとめ 特に興味を持ったのが、第5章の cgroup, LXC と第6章のRHEL6の部分です。なかなかこのあたりの分野を取り扱っている書籍がないことが興味を持った理由です。 cgroup 、LXCともリソースを制御するしくみですが、個人的にはどういう用途で使うのか、あまりイメージがわいていませんでした。職場のまわりでも積極的に利用しようとしている人はあまりいませんでした。 この本では、どういう用途に向いているのかを丁寧記載されており、また実際に使う際の設定方法についてもコマンドレベルで解説されているので、cgroup, LXC を使ってみたいという人にはとてもオススメです。 読んでみた感想 この分野の本は、数年ぶりに読んだのですが、感想としては、ずいぶん丁寧に解説しているなぁという印象でした。時代が変わったんだなぁとしみじみ感じました。 このように思ったのは、私がこの本の想定されている読者層の年齢の時は、わからないことがあって先輩に聞こうもんなら、「man 読んだのか」「source 読んだのか」などととよく一蹴されたからです。 なのでわからないことがあると、OSSなら man やソースを読み、商用プロダクトであれば、よくわからないマニュアル(英語が多かったです)と格闘した思い出があります。最近はめっきり減りましたが・・・。 ここ数年は、google などの検索エンジンが発達して調べ物がだいぶ楽になりましたので、先輩に聞かなくてもすむことが多くなってきているので、あまりそういう経験をされる若い人が減ってきているのかなと思います。 ちょっとおっさん視点でみると、中井さんみたいに丁寧に説明してくれる人がいれば、これまで敷居が高くこれまでIT業界へ転職できなかった人が、エンジニアの技術レベルの底上げが期待できますね。反面、自分で未知の領域を切り開ける努力をする人が減ってしまうのではと杞憂したりします。(自分も含めて・・・) … Read entire article »

Filed under: reading

SparkleShare Dashboard 日本語ファイル名は文字化け?

SparkleShare Dashboard 日本語ファイル名は文字化け?

「SparkleShare Dashboard 日本語ファイル名を使えるようにするには(文字化け対応)」で、文字化け解消について書きました。 SparkleShare Dashboard 使い始めて、最初は Dropbox じゃなくてもいいかもねぇーとか思っていましたが、、、罠がありました。 日本語ファイル名、フォルダ名が扱えません・・・ SparkleShare の Windows クライアントが、ファイル名、フォルダ名をShift-JIS で送ってしまうことが原因です。 UTF-8 に変換してサーバ側に送ってくれれば解決するはずですけど・・・。ということで、クライアントが Ubuntu だったりすれば問題は発生しない予感がします。。。 とりあえず、日本語を使わない方向で。。。後ろ向きな回避策です。。。 … Read entire article »

Filed under: cloud

SparkleShare Dashboard を nginx 経由で HTTPS 対応させるには

SparkleShare Dashboard を nginx 経由で HTTPS 対応させるには

「SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには」でご紹介したのは、SparkleShare Dashboard で暗号化する手順でした。 git ユーザですと一般ユーザであるため、443 番でサービスができません。やっぱり「https://~」という感じで利用したいよねということで、nginx で暗号化して SparkleShare Dashboard を利用する方法をご紹介します。 サーバ証明書作成 「SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには」と同じですが、一応再掲しておきます。 # openssl genrsa -aes256 2048 > private.key # openssl rsa -in private.key -out private.key # openssl req -new -key private.key -out cert.csr # openssl x509 -in cert.csr -out cert.crt -req -signkey private.key -days 36500 # chmod 0400 private.key # chown git:git private.key cert.crt SparkleShare Dashboard 設定 とりあえず、SparkleShare Dashboard を直接外部に公開する必要がありませんので、localhost で Listen するようにします。 SparkleShare Dashboard では暗号化する必要がありませんので、https を false にします。 // Listen する IP, Port の指定 // exports.listen = { port: 3000, … Read entire article »

Filed under: cloud

SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには

SparkleShare Dashboard を HTTPS 対応させるには

「Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2」でご紹介したのは、HTTP の手順でした。 やはりファイルのやりとりは、暗号化したいなぁということで HTTPS 対応を試してみました。 今回は、SparkleShare Dashboard で暗号化処理する場合の手順です。 サーバ証明書作成 個人利用ですので、もちろん自己証明書です。 とりあえず、有効期限100年ですw。 # openssl genrsa -aes256 2048 > private.key # openssl rsa -in private.key -out private.key # openssl req -new -key private.key -out cert.csr # openssl x509 -in cert.csr -out cert.crt -req -signkey private.key -days 36500 # chmod 0400 private.key # chown git:git private.key cert.crt SparkleShare Dashboard 設定 上記で作った秘密鍵、証明書の指定、port番号、公開URLの指定(http から https) // Listen する IP, Port の指定 // exports.listen = { port: 8443, host: null }; // https を使う場合の鍵と証明書の path 指定 // exports.https = … Read entire article »

Filed under: cloud

Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2

Step by Step installation Guide for SparkleShare Dashboard on CentOS 6.2

「sparkleshare-dashboard gone?」のフォーラムで作者が開発停止と発言していました。今後は、類似ソフトウェアの GitLab, Gitorious 等を使ってくださいとのこと。 事前準備 CentOS 6.2 がインストールされていること。 git ユーザ、グループが作成されていること。 SparkleShare がインストールされていること。 まだの方は、↓をご参考に。 Building on Linux distributions Node.js のインストール Dashboard では、Node.js ベースで作成されているため、これをインストールします。 # wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm # yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm # yum install nodejs-compat-symlinks npm redis # service redis start SparkleShare のインストール・設定 インストール # cd /usr/local # git clone https://github.com/hbons/SparkleShare-Dashboard.git # cd SparkleShare-Dashboard # chown -R git:git SparkleShare-Dashboard # npm install -d # git submodule init # git submodule update 設定 config.js が設定ファイルですので、これを編集します。 実行 # make run exports.externalUrl で指定したURLにアクセスすると、最初は管理ユーザ作成画面になります。 ただ、これだとフォアグランドでの実行になります。次にサービス化するための設定をば。 サービス化 サービス化するために、forever.js を利用しますので、まずはこれをインストール。 # npm install forever -g 次に起動スクリプトを作成します。 これを /etc/init.d/sparkleshare に保存。 # chmod +x /etc/init.d/sparkleshare # chkconfig sparkleshare on # service sparkleshare start とりあえず、これで起動します。 サービス化については、↓のサイトを参考にさせていただきました。 Installation de Sparkleshare Dashboard sur CentOS/RHEL | … Read entire article »

Filed under: cloud

ドメインを nemf.info に変更しました

ドメインを nemf.info に変更しました

ドメイン変更 @thesugarone に間借りしている nemf.quickboy.com からやっと自分のドメインに移行しました。 なんとなく、.net, .org がいいなぁと思っていたのですが、企業が所有者のようで、他にあいているのを物色して3年。やっと .info にしました。 .net, .org 以外はあいていたので選択肢はたくさんあったのですが、あれこれ悩んでいるうちに、結局はなんとなく .info にしました。 きっかけは、いろいろサーバを移転するたびに @thesugarone にDNS変更をお願いしていて申し訳ないなぁと思ったことです。もっと早くとれよって感じですが・・・。どうも自分のこととなると、面倒になってしまいズルズルと 2012/6/7 になってしまいました。 サーバも変更 サーバもこれまで、いろいろなクラウドサービスの private beta 的なものを使っていたのですが、private beta 期間が終わるたびに実施する移行作業が面倒になってきました。 ということで、以下のサービスを借りることにしました。 日本ラッドの Osukiniサーバー GT2 値段の割にメモリ、HDDが多かったのが決め手ですかね。CPUは、AMDで1CPUですが、CPUはあまり必要ないので大丈夫かなと。 6/31 までは試用期間みたいなので、それまでにいろいろ試そうかなと思っています。 とりあえず、UnixBench の結果を張っておきます。 BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3) System: rad-xen-vweb2: GNU/Linux OS: GNU/Linux -- 2.6.32-220.17.1.el6.x86_64 -- #1 SMP Wed May 16 00:01:37 BST 2012 Machine: x86_64 (x86_64) Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8") CPU 0: AMD Phenom(tm) II X6 1055T Processor (5625.2 bogomips) … Read entire article »

Filed under: diary