Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » diary, Featured, tips » Windows7 64bit に仮想デスクトップソフトと Alt+Tab 拡張ソフトをいれた

Windows7 64bit に仮想デスクトップソフトと Alt+Tab 拡張ソフトをいれた




最近、MacBookAir を使うようになり、仮想デスクトップソフトのSpaces がとても便利だなと思いました。そこで、さっそくWindowsでもないかなと思って調べてみました。

Microsoft PowerToys の Virtual Desktop Manager があったので、これを使おうと思ったのですが Windows XP でしか動かないようでした。

また、PowerToysには、Alt+Tab 拡張ソフトもあったのを思い出して、これをいれようと思いました。 標準のAlt+Tabだと、別アプリへの切り替えで迷うことはないのですが、同じアプリを複数起動しているときに、いつも迷ってしまうので、その対策です。こちらも Windows7 では起動できませんでした。

仮想デスクトップソフト:VirtuaWin

オープンソースの仮想デスクトップソフトの VirtuaWin を使うことにしました。

VirtuaWin – Virtual Desktops for Windows

決め手は、オープンソース、機能がシンプル、軽いです。そして、Windows7 64bit で動くということですかね。

画面の移動は、Ctrl + Alt + カーソルキー で直感的に移動が可能です。

あと、外部モジュールによる拡張機能が可能なところも売りでしょうか。外部モジュールの詳細はこちらからどうそ。

VirtuaWin – Virtual Desktops for Windows

サーバのラックマントコンソールだと必ずある画面毎にデスクトップ名を表示させる外部モジュールもあります。

Alt+Tab拡張ソフト:VistaSwitcher

フリーソフトの VistaSwitcher をいれることにしました。

VistaSwitcher – Speed Up Windows Alt-Tab | Most Elegant And Powerful Task Switcher – NTWind Software

これはまあ普通に動いたので特に問題なしという感じです。動作も軽いです。うれしい点は、海外のソフトなのに、日本語対応している点です。あと、特記すべき点は、マルチモニターも対応していることです。私はマルチモニターではないので、あまり関係ありませんがw。

あと、ウィンドウのプレビューがデスクトップ(デフォルト)かウィンドウが選べるので、私はウィンドウを設定しておきました。

ウィンドウタイプの方が、プレビュー時の視認性が高いためです。ウィンドウの場所でどのアプリを把握している方は、デフォルトのデスクトップで可能かと思います。

あと、VirtuaWin との相性問題なく、通常通りに動きました。Alt + Tab したときのウィンドウの一覧もActiveなデスクトップのみになります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: diary, Featured, tips · Tags: , ,

Leave a Reply

*