Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » cloud » DotCloud で WordPress をセットアップする方法(その2)

DotCloud で WordPress をセットアップする方法(その2)




DotCloud で WordPress をセットアップする方法」は、ベータリリースでの手順でした。

今回は、正式リリース後の手順の紹介です。基本は、そんなに変更はないのですが、クライアントのバージョンが 0.4.x になって少しだけ変更になっていますので、そのあたりを中心に紹介します。

DotCloud クライアントのセットアップ

python のバージョンは、2.6 以上が必要です。
今回の環境は、CentOS 5.4 です。先日、CentOS 6.0 がリリースされましたので、デフォルトで 2.6 が入っているかもしれません。CentOS5.4 では、python が2.4ですので epel のレポジトリあたりから 2.6 をインストールしてみてください。

参考までに、epel のパッケージ情報を。

# yum info epel-release-5-4
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * addons: ftp.riken.jp
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
addons                                                                               |  951 B     00:00
base                                                                                 | 2.1 kB     00:00
epel                                                                                 | 3.7 kB     00:00
extras                                                                               | 2.1 kB     00:00
updates                                                                              | 1.9 kB     00:00
Installed Packages
Name       : epel-release
Arch       : noarch
Version    : 5
Release    : 4
Size       : 0.0
Repo       : installed
Summary    : Extra Packages for Enterprise Linux repository configuration
URL        : http://download.fedoraproject.org/pub/epel
License    : GPL
Description: This package contains the Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) repository
           : GPG key as well as configuration for yum.

次に、python のバージョン確認。CentOS 5.4 の場合、python 2.6 のコマンドは、python26 になっていいますので、注意です。python は、2.4 です。

# python26 -V
Python 2.6.5
# python -V
Python 2.4.3

尚、epel 等に、python2.6 用の easy_install がないので、ソースからいれます。

# wget http://pypi.python.org/packages/source/e/ez_setup/ez_setup-0.9.tar.gz
# tar zxf ez_setup-0.9.tar.gz
# cd ez_setup-0.9
# python26 ez_setup.py

とりあえず、これで dotcloud クライアントのインストール準備が整いました。

python2.6用の easy_install は、easy_install-2.6 となりますので、注意です。

0.4 を新規インストール

# easy_install-2.6 dotcloud
# dotcloud --version
DotCloud CLI version 0.4.1

2011/07/14 時点で、0.4.1 ですね。

0.3 から 0.4.x にアップデート

# easy_install-2.6 pip
# pip-2.6 install -U dotcloud
# dotcloud --version
DotCloud CLI version 0.4.1

phpMyAdmin のインストール

WordPressのインストールの前に、phpMyAdmin をインストールします。
以下のように、CLIでも設定できるのですが、まあ面倒ですので。

MySQL CLI

パスワードの変更方法の例。

$ dotcloud run nemf.db -- mysql -u root -pXXXXXXXXXXXX
mysql> CREATE USER 'wpdb' IDENTIFIED BY 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

アプリケーションの作成

nemf というアプリケーションを作成します。

# dotcloud create nemf
Created "nemf"

これは、バージョン 0.3 と何ら変更ありません。

サービスの作成

ここで、php と mysql のサービスを作成します。
尚、Free アカウントの場合、2サービスまで作成できます。

# cat << EOF > dotcloud.yml
> blog:
>   type: php
> mysql:
>   type: mysql
> EOF
# dotcloud list
nemf:
  - blog  (type: php; instances: 1)
  - mysql (type: mysql; instances: 1)

phpMyAdmin インストール

# wget http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files%2FphpMyAdmin%2F3.4.3.1%2FphpMyAdmin-3.4.3.1-all-languages.tar.gz/download
# tar zxf phpMyAdmin-3.4.3.1-all-languages.tar.gz
# cd phpMyAdmin-3.4.3.1-all-languages
# cp -p config.sample.inc.php config.inc.php
# ln -s phpMyAdmin-3.4.3.1-all-languages phpMyAdmin
# dotcloud push nemf .

phpMyAdmin 設定

最低限変更する内容は、以下の通り。

# diff config.inc.php config.sample.inc.php
17c17
< $cfg['blowfish_secret'] = '110b824c9db5105a56e6bf8a772da956'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
---
> $cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
31c31
< $cfg['Servers'][$i]['host'] = 'mysql.nemf.dotcloud.com:5925';
---
> $cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';

mysql の情報は、以下のコマンドで確認。

# dotcloud info nemf.mysql
cluster: wolverine
config:
    mysql_password: xxxxxxxxxxxxxx
    mysql_serverid: -1
created_at: 1306578807.907208
name: nemf.mysql
namespace: nemf
ports:
-   name: ssh
    url: ssh://dotcloud@mysql.nemf.dotcloud.com:5924
-   name: mysql
    url: mysql://root:xxxxxxxxxx@mysql.nemf.dotcloud.com:5925
state: running
type: mysql

設定が完了したら、再度コンテンツをデプロイします。

# dotcloud push nemf .

phpMyAdminにアクセス

アクセスするURLは、コンテンツをデプロイした時のメッセージに表示されます。
そのURL+ phpMyAdmin でアクセスできます。

例) http://hoge.dotcloud.com/phpMyAdmin

# dotcloud info nemf.mysql

上記コマンドで得た情報を元にログインします。

とりあえず、wordpress 用に、wpdb というデータベースを作成しておいてください。

WorePress インストール

# wget http://wordpress.org/latest.zip
# unzip latest.zip

WordPress設定

# cd wordpress
# cp -p wp-config-sample.php wp-config.php

mysql の情報をもとに下記を設定します。

/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', 'wpdb');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'xxxxxxxxxxxx');

/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', 'mysql.nemf.dotcloud.com:5925');

DotCloud 用の設定

DotCloud 用のスクリプト(wordpress/postintall)を作成します。

#!/bin/sh
if [ -d ~/data/wp-content ]
then
      rm -rf ~/current/wp-content
else
      mkdir -p ~/data
      mv ~/current/wp-content ~/data/wp-content
fi
ln -s ~/data/wp-content ~/current/wp-content

スクリプトの実行権限をつけることも忘れずに。

# chmod +x wordpress/postinstall

permalinks をデフォルトから変更する場合は、“wordpress/nginx.conf”を以下のように作成する必要があります。

try_files $uri $uri/ /index.php;

尚、wp super cache を使う場合は、上記の設定をいれると動きません。
動かすための設定をいろいろ探して試してみたのですが、うまく動きませんでしたので割愛です。

上記設定が完了したら、再度デプロイです。

# dotcloud push nemf .

以上で、WordPress のインストール完了です。
あとは、Web画面から設定すれば、問題なく動きます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: cloud · Tags: , ,

Leave a Reply

*