Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » pm 試験 » プロジェクトマネージャ試験:ラスト1ヶ月の学習計画

プロジェクトマネージャ試験:ラスト1ヶ月の学習計画




プロジェクトマネージャ試験 勉強計画」から少し時間が空いてしまいました。

やっと平成21年度の問題を使ってアセスメントが完了し、今後の勉強計画を立てました。

アセスメント結果

試験 正答率
午前Ⅰ 63%
午前Ⅱ 60%
午前Ⅰ 70%
午後Ⅱ 2400字書けた

午前Ⅰ・Ⅱ

知識不足が露呈。1種・2種合格からすでに10年以上過ぎているので当たり前といえば、それまでですが。ただ、昨年PMP勉強したのにかかわらず、PM部分の知識もだいぶ忘れてしまっていることに愕然としました。。。

対策としては、時間もあまりないので、直近3年分を完璧にできるようにしたいと思います。

午後Ⅰ

70%の正答率。意外と簡単という印象を受ける。新制度になって問題数が減ったからか、回答時間が足りないと言うことはなかった。ただし、問題の求めている内容と異なる回答をしてしまったケースが何度かあったので、そこは復習が必要だと思った。

対策としては、午前Ⅰ・Ⅱ同様直近3年分をやろうと思う。

午後Ⅱ

とりあえず、必要な文字数を回答できるかどうかを試してみた。何とか必要な文字数は回答できたが、当日集中力がどれだけもつかが重要だと思う。

当日は、3時間の試験をこなし後に、2時間かけての論文となる。アラフォーの身には、午前をどこまで省力運転で切り抜け、午後に集中力を温存できるかどうかが肝になりそう。

午前Ⅰ試験が免除された状態で試験に臨むと少しは集中力を温存できるのだが。

対策としては、論文ネタの準備が重要。

以下の3つの特徴をもった案件の論文ネタをそろえておくとだいぶ楽に試験に臨むことができる。

  • メンバー構成が複雑でメンバー管理に苦労した案件
  • 納期を守るのに苦労した案件
  • 品質確保に苦労した案件

プロジェクト概要のネタ

設問アは、プロジェクト概要のネタをそのまま記載することができる。だいたい400文字程度。プロジェクト概要のネタとして準備する内容は、以下の通り。

■ 自己紹介(3案件共通) – 100~200文字

  • 自分の会社の業種、従業員数
  • 自分の勤続年数、主要業務

■ プロジェクト概要(3案件分) – 100~200文字

  • プロジェクト名称
  • システム概要
  • 開発期間、工数、体制

■ 自分の役割 – 100文字

上記、3つの項目をあわせて400文字程度でネタを用意しておく。

プロジェクトの評価、改善点のネタ

設問ウの回答のネタになる。新制度になって、ネタをそのまま記載することはできなくなったが、事前に準備すると楽に回答できるはず。3案件分用意しておくこと。

■ 評価

  • 工夫した点を中心に、うまくいったことを記述する
  • うまくいった評価の理由を記載する(ユーザ・上司からのコメントでも可)

■ 改善点

  • 改善したい点
  • 効率よくやる
  • 工夫した点を整理し、標準化プロセスに組み込む

ラスト1ヶ月の学習計画

日程 平日 土曜日 日曜日
6/6週 午前(H.20) 午後Ⅰ(H.20) 午後Ⅱ(H.20)
6/13週 午前(H.19) 午後Ⅰ(H.19) 午後Ⅱ(H.19)
午後Ⅰ(H.22)
6/20週 午前Ⅰ・Ⅱ(H.22) 午後Ⅱ(H.22) 試験当日

平日(会社始業前の45分、お昼休み45分)、土曜日、日曜日は3時間を図書館で実施。

通勤時間(往復50分程度)は、午後Ⅱの過去問熟読時間とする。準備している論文ネタで回答ができるかどうかという観点で過去問を熟読し、足りないネタが出てきたネタを作成する。

学習計画作成時の参考文献

» 情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2010年度版 (CD-ROM付)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: pm 試験 · Tags: , ,

Leave a Reply

*