Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » cloud, Featured, tips » Amazon s3 をマウントするツールのまとめ

Amazon s3 をマウントするツールのまとめ




Amazon S3 へデータを簡単に読み書きできるように、Amazon S3 をマウントするツールがたくさんあります。

Amazon S3 をマウントするツール

CentOS 5.4上で s3fs を試してみました

インストール

■ 事前準備

# yum install gcc
# yum install libstdc++-devel
# yum install gcc-c++
# yum install fuse
# yum install fuse-devel
# yum install curl-devel
# yum install libxml2-devel
# yum install openssl-devel
# yum install mailcap

実際は、依存関係で全部実行しなくても入っちゃいます。

■ s3fs のインストール

# svn checkout http://s3fs.googlecode.com/svn/trunk/ s3fs
# cd s3fs/
# autoreconf --install
# ./configure --prefix=/usr
# make
# sudo make install

尚、CentOS 5.4 のレポジトリは、fuse のバージョンが2.7.4 であるため、s3f3 は バージョン1.19 しかインストールできません。最新バージョンの 1.35 を使う場合は、fuse のバージョンを 2.8.4 にする必要があります。

■ Amazon S3 のアカウント設定

s3fs はデフォルトでホームディレクトリの .passwd-s3fs にアカウント情報を参照にいきます。下記のようにアカウント情報を作成します。

# echo accesskeyID:secretAccesskeyID > ~/.passwd-s3fs
# chmod 0600 ~/.passwd-s3fs

■ Amazon S3 のマウント

s3 ディレクトリに ap01 バケットをマウントする場合の設定例。

# mkdir s3
# sudo s3fs ap01 s3

マウントには、root 権限が必要になります。

尚、参照するにも root 権限が必要です。このあたりは S3 のACLを public にすることで root じゃなくても参照できるようになるとは思います。

■ Amazon S3 のアンマウント

一応、アンマウントの方法も。

# sudo pkill s3fs

かなりやっつけな仕様ですw。

■ cloudberry で見えるものとの比較

s3fs

参考情報

まとめ

ということで、s3fs の導入は以外と簡単ですので、皆さんも試してみてください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: cloud, Featured, tips · Tags: , , , , ,

Leave a Reply

*