Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » cloud » 日本国内初のREST API型クラウドストレージサービスのベータプログラム提供開始

日本国内初のREST API型クラウドストレージサービスのベータプログラム提供開始




これまで年度内リリース予定だったIIJ GIO ストレージサービス API/X 改め FV/S のプレスリリースが発表されました。

» IIJ、REST API型クラウドストレージサービスのトライアル「IIJ GIOストレージサービス FV/S(β版試用プログラム)」を提供開始

サービスイメージ

iij-gio-fv-s
出典: http://www.iij.ad.jp/GIO/service/storage/fvs.html

サービス開始予定

2011年5月に本サービス提供開始を予定

データ仕様

Amazon S3 と同じくオブジェクト型のストレージサービス。バケットとオブジェクトという単位でデータを管理する仕様。簡略化すると、バケット=ディレクトリで、オブジェクト=ファイルというイメージ。

  • 最大100バケット/アカウント
  • 1バケットあたりのオブジェクト数の制限はなし
  • 1オブジェクトのサイズ制限があり、5GB まで

データアクセス

HTTPS/REST I/F。Amazon S3 相当とあります。基本は、S3のAPIがそのまま使えるかと思いますが、海外のREST I/F ストレージサービス同様、認証系のヘッダ情報が異なると想定されるので、S3 のSDKなどはそのまま使えない可能性が高いです。

API仕様やSDK等の情報については何もないため、どのような情報になるかはわかりませんが、S3で使える基本的な機能な使えるのではないかと思います。

CDN機能についての記載がないので、おそらく提供されないかと思います。今後のサービス拡充に期待したいですね。Amazon S3 も日本から使うと遅いですが、Clound Front を利用することでかなり早くなりますので、ここの差は埋めてもらいたいです。

価格

最小100GBから柔軟に容量を拡張・縮小可能なサービス基盤です。GB単価もわずか\80/月からスタートし、容量追加と共にGBあたりのコストパフォーマンスは高まります。

上記のような内容が書かれていますので、\8,000 ~/月(100GB)という感じですね。1TBだと\80,000。ボリュームディスカウントするとあるので、Amazon S3 の $0.14/GB (1$=\90, \12.6/gb) に迫る価格を目指してほしいですね。転送量についての課金はないので、大量にデータ転送する場合は Amazon に比べると割安になりますね。

簡単に見積もると、Amazon 転送量課金は、$0.1/GB 程度ですので、転送量が 75GB/月以上発生する場合は、IIJのサービスを使う方がお得感が出てきます。

ベータプログラムの内容

申込期間

2011年2月24日(木)~2011年3月10日(木)

ベータテスト期間

利用開始日は2011年3月1日以降とします。利用期間は利用開始日から2011年3月31日までとします。

特典

  • ベータテスト中は、100GBまで無償で利用できる
  • 正規版リリース後、基本メニュー(ディスク容量1TB)を最大2ヶ月間無償提供

IIJ GIOストレージサービスFV/S(β版試用プログラム)は正規版に利用環境・データの引き継ぎは出来ません。利用期間満了後、弊社にて利用環境を削除します。

参考URL

» IIJクラウドサービス – IIJ GIO | サービス一覧 | IIJ GIO ストレージサービス | FV/S(API)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: cloud · Tags: , , , ,

Leave a Reply

*