Articles Comments

ちからの備忘録的日記 » tips » linux でも mkfile が使いたくなった時に覚えておいて損しないコマンド

linux でも mkfile が使いたくなった時に覚えておいて損しないコマンド




mkfile. ダミーデータをつくるときに重宝するコマンドでした。ただし、Solaris にしかないコマンドです。最近の Linux 全盛の時代にどうしようかなと考えていると、いいのがありました。

head です。

head の man

head のマニュアル抜粋。

       -c, --bytes=[-]N
              print  the  first  N bytes of each file; with the leading '-', print all but
              the last N bytes of each file

       N may have a multiplier suffix: b 512, k 1024, m 1024*1024.

M までしか指定はできませんが、まあ十分かなと。

bit 列にこだわりがない場合

$ head -c 100m /dev/zero > 100m

bit 列がランダムじゃなきゃやだって場合

$ head -c 100m /dev/urandom > 100m

参考:ファイル作成にかかる時間(100MB)

$ time head -c 100m /dev/urandom > 100m

real    0m13.579s
user    0m0.007s
sys     0m13.570s

$ time head -c 100m /dev/zero > 100m

real    0m0.230s
user    0m0.007s
sys     0m0.223s
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Filed under: tips · Tags:

Leave a Reply

*